無料・匿名で就活に関する質問をする

Vol.1:成蹊大学からキーエンス内定へ

吉田敬悟

難関企業内定者インタビューVol.1はサイト運営者の吉田敬悟の事例からご紹介させて頂きます!以後、様々な難関企業内定者のインタビューを行っていきますのでお楽しみに!

吉田敬悟

今回は『成蹊大学からキーエンス内定へ』と題して、吉田敬悟の就職活動時のスペックや経験、就活の取り組み方などを要素ごとに書いていきます!是非、自分と照らし合わせて『就活戦略』を組み立てて下さい!
吉田敬悟の就活力
学歴の高さ
(2.0)
経験の強さ
(1.0)
行動力
(3.0)
仲間力
(5.0)
下克上度
(5.0)
就活総合力※0.5単位
(3.0)

 

目次

就活の結果就活時のスペック就活の取り組み方

吉田敬悟の就活の結果

『吉田敬悟の就活の結果』では具体的に以下の項目を見ていきます!

内定先企業

株式会社キーエンス

株式会社マクニカ

就職先企業

株式会社キーエンス

3day未満のインターン参加社数

0社

4day以上の長期インターン参加社数

0社

合同説明会参加社数

0社

個別説明会参加社数

5社(キーエンス/ジョンソンエンドジョンソン/マクニカ/ADK/スズキ)

ES提出数・通過率

94社(通過率:約32%)

OB・OG訪問人数

1名

吉田敬悟のスペック

『吉田敬悟のスペック』では具体的に以下の項目を見ていきます!

大学

成蹊大学

学部学科

法学部政治

卒業年度

2016年

浪人の有無と年数

なし

留年の有無と年数

なし

休学の有無と年数

なし

就活留年の有無と年数

なし

エムグラム性格診断

エムグラム性格診断をやってみる

大学1年~大学4年の自分史

・大学1年4月:スノーボードサークルとフットサルサークル(いわゆる飲みサーに入る)

・大学1年4月:居酒屋のキッチンでアルバイトを始める

・大学1年10月:違う居酒屋でホールのアルバイトを始める

・大学2年3月:簿記2級をとる

・大学3年4月:居酒屋をやめ、ZARAの姉妹店Stradivariusでアルバイトを始める

・大学3年8月:就活塾に入り就活準備開始

・大学4年6月:キーエンスとマクニカに内定。就活終了

・大学4年7月:就活塾でチューター兼秘書として働き始める

自己PRのテーマ

・アパレルのアルバイトで売上を向上
・アジア政治学ゼミ
・成人式の協賛金を集めた話(嘘PR)

吉田敬悟の就活の取り組み方

『吉田敬悟の就活の取り組み方』では具体的に以下の項目を見ていきます!

就活を始めた時期

大学3年の8月

志望業界

一切なし。大手であればOK

就活の軸(ホンネ)

お金が稼げて周囲に自慢できる企業

志望業種

営業職

テスト対策でやったこと

以下3種の参考書をひたすら繰り返す。

《基礎》

これが本当のSPI3テストセンターだ! 【2021年度版】

主要3方式<テストセンター・ペーパー・WEBテスティング>対応】これが本当のSPI3だ! 【2021年度版】

《応用》

2021最新版 史上最強SPI&テストセンター超実践問題集

ES対策でやったこと

・自己PRを3テーマ(800字~200字)を作成
(ESを提出速度を上げるため)

・模擬ESを作成し大人に見せてフィードバックを貰う
(自分の場合はこれが就活塾の大人でした)

・ESタイムトライアル
(いきなり企業名が出題され1時間で800字志望動機を書ききる練習。情報収集力や思考力、脳内編集力が鍛えられました。もちろんフィードバックしてくれる相手が重要です)

面接対策でやったこと

面接練習は友人と頻繁に行っていました。

またIPPONグランプリのような大喜利的なゲームをして思考のキレを鍛えていました。(◎◎さんが言いそうで言わない事みたいなお題)

その他、街中の看板広告やテレビCMを見て、その広告の意図を思考するのは頻繁にやってました。

このような思考力を鍛えることが結局最も評価されると考えてたからです。

この思考力ありきで志望動機などの精度があがるんだなぁと実感しました。

結局はES対策と一緒で、いかに多くアウトプットするか?そしていかに多くフィードバックを貰うか?だけな気がします。

就職活動で参考にした書籍

具体と抽象 ―世界が変わって見える知性のしくみ

これからの日本の論点 日経大予測2019

信頼の原則――最高の組織をつくる10のルール

就職活動で参考にしたメディア

日本経済新聞

モチベーションの高め方・保ち方

意識が高く向上心のある就活仲間をつくること。そして必ず週1で集まってESや面接の練習をすること

吉田敬悟から就活生へメッセージ

いかがでしたか?

是非、あなたの就職活動がより良いものとなるように参考にしていただければ幸いです。

最後に吉田敬悟より『就活生へメッセージ』です。

吉田敬悟

難関企業内定を目的とした就職活動では『先行指標』と『遅行指標』を明確に区別して『限られたリソースを割くべきテーマは何か?』を常に注視してください。

『先行指標』は、⑴目標達成を予想できる⑵目標達成に影響を及ぼせるという特徴を持ちます。一方『遅行指標』はそれが算出された時にはその指標に影響を及ぼす事のできない過去の指標となります。

就活で言えば、ES提出数やニュースを毎日3記事みて考察をまとめる、などが『先行指標』で、ES合否結果や面接結果は『遅行指標』です。

要は、ES通った通らなかった。面接通った通らなかったなどで一喜一憂してはいけないという事ですね。

就活結果に影響を及ぼせる項目のみ淡々と努力する事が重要です。